秋冬用に一着は押さえておきたい『スカジャン(別珍刺繍スーベニアジャケット)』

ミリタリーの要素を秘めたアメカジアイテム、それでいて幅広いファッションに取り入れられている不思議なアウター、それが『スカジャン』だ。今回は日本を代表するミリタリーブランドであり、アメカジアイテムも得意とする「ヒューストン」の『スカジャン(別珍刺繍スーベニアジャケット)』に注目したい。

この商品を見る

『スカジャン』説明の前に、

『スーベニアジャケット』を解説

 

まずは、『スーベニアジャケット』の「スーベニア」について簡単に説明すると、スーベニア(SOUVENIR)とは、一般的に記念品や土産物のことを表す言葉。

 

「スーベニア」という言葉を用いたアイテムとして、日本では“スーベニアジャケット(スカジャン)”が有名だ。※スーベニールジャケットと呼ぶ場合も。

 

これは、第二次世界大戦後に日本を占領する連合国軍として神奈川県横須賀市周辺に駐留したアメリカ軍兵士達が、記念品として鷹や虎、龍などのオリエンタルな柄、または自分の所属していた部隊や基地などのエンブレムをデザインした刺繍を、現地(横須賀)のテーラーショップなどにオーダーしたのが発祥だと言われている。

この商品を見る

現地で刺繍を施した記念品やお土産物(スーベニア)のジャケット=スーベニアジャケット、というわけだ。

 

だから、現在世界中で人気となっているスーベニアジャケット(スカジャン)は、日本の横須賀が発祥なのだ。

 

さて、それではなぜ『スカジャン』という別名が存在するかというと、これには2つの説がある。1つは、“横須賀のジャンパー”を略して『スカジャン』と呼ぶようになったという説。もう1つは、スカイドラゴンの刺繍が多く見られたため、スカイドラゴンのジャンパーを略して『スカジャン』と呼ぶようになったという説。

 

どちらにしても、一般的には、「スーベニアジャケット=スカジャン」と認識されている。

 

『スーベニアジャケット(スカジャン)』の種類は?

この商品を見る

これは大きく分けて2つの種類がある。1つは光沢感がありサラサラとしたサテン生地を表地に使ったジャケット、そしてもう1つは起毛素材の別珍(ベルベット)生地を表地に使ったジャケット。

 

一般的には、サテン生地のスーベニアジャケット(スカジャン)が有名だが、別珍生地のスーベニアジャケットはミリタリー好きやアメカジ好き、どちらかといえば玄人に好まれる傾向にある。

この商品を見る

「ヒューストン」には、サテン生地のスカジャンと別珍生地のスカジャンの両方が展開されているが、今回紹介するのは『別珍刺繍スーベニアジャケット』だ。

 

1950年代の仕様を忠実に再現しつつ、現代に着やすいシルエットやサイズ感にアップデートされた『別珍刺繍スーベニアジャケット』。その特徴を以下でチェック。

 

 

『別珍刺繍スーベニアジャケット』のディテール

特有の光沢感が楽しめる別珍生地

毛足が短く、均一な起毛素材が、クラシック且つ上質な光沢感で主張してくれる。光の当たる角度やシワの入り方などで変化する特有の光沢感が魅力だ。

 

背中の刺繍

1950年代にアラスカにある米軍基地の依頼でつくられたアラスカモチーフのスカジャンを再現。バックには「ALASKA」の文字や「シロクマ」の刺繍などが配されている。

 

両胸の刺繍

背中の刺繍と連動して、両胸にもシロクマの刺繍が施される。

 

両袖の刺繍

アラスカのモチーフらしく、両袖には犬ゾリの刺繍が施されている。よく見ると犬の表彰がユニーク。

 

ポリエステル素材の裏地

裏地にはポリエステル素材のサラサラとした質感の素材を使用しており、袖通しがよく、スムーズに着用できる。

 

程よいフィット感のリブ

襟のリブは固すぎず、柔らかすぎずの程よいフィット感のリブを採用。快適な着用感が得られる。

 

「IDEAL」社製のジッパー

フロントジッパーには、ヴィンテージアイテムに使われていることが多い「IDEAL」社製のジッパーを採用。

 

スラッシュポケット

両サイドにはスラッシュポケットを配置。斜めに配置されており、使いやすい。

 

内ポケット

左胸には内ポケットを配置。財布など大切な小物を入れる際に便利だ。

 

袖口と裾のリブ

襟のリブ同様に、程よいフィット感のリブを採用。固すぎず、柔らかすぎず、快適な着用感が得られる。

 

『別珍刺繍ジャケット(熊)』

BLACK

この商品を見る

 

NAVY

この商品を見る

VELVET SOUVENIR JACKETBEAR

肌触りが柔らかく、厚手で光沢感のある別珍生地を使用したスーベニアシャツ(スカジャン)。1950年代にアラスカにある米軍基地の依頼で作られたアラスカモチーフのスカジャンを忠実に再現した意欲作だ。両胸とバックにはシロクマ、袖部分には犬ゾリの刺繍が施されている。襟、袖口、裾にデザインされているリブは程よいフィット感で作られており、快適な着用感が得られる。フロントジッパーには、「IDEAL」社製のジッパーを採用。両サイドにスラッシュポケット、左胸裏に内ポケットを装備。シルエットを壊さない程度に、薄く中綿も入っている。裏地はポリエステル素材の生地を使用しており、袖通しがよく、スムーズに着用できる。カラーは、ブラックとネイビーの2色を展開。

 

 

『別珍刺繍ジャケット』の豊富なバリエーションを紹介

素材使いや使用などは上で紹介した『別珍刺繍ジャケット(熊)』と同じで、刺繍のモチーフが異なるバリエーションモデルを紹介。好みの刺繍やカラーが選べる。

 

『別珍刺繍ジャケット(鹿)』

BLACK

この商品を見る

MAROON

この商品を見るVELVET SOUVENIR JACKETDEER

1950年代にアラスカにある米軍基地の依頼で作られていたアラスカモチーフのスカジャンを再現。両胸には鷹、袖部分には龍、バックには鷹の刺繍が施されている。カラーはブラックとマルーンの2色を展開。

 

++++++++++++++++++++

 

『別珍刺繍ジャケット(鷹)』

BLACK

この商品を見る

MAROON

この商品を見るVELVET SOUVENIR JACKETHAWK

1950年代にアラスカにある米軍基地の依頼で作られていたアラスカモチーフのスカジャンを再現。両胸にはイヌピアット、袖部分には犬ゾリ、バックには鷹の刺繍が施されている。カラーはブラックとマルーンの2色を展開。

 

++++++++++++++++++++

 

『別珍刺繍ジャケット(マップ)』

BLACK

この商品を見る

NAVY

この商品を見るVELVET SOUVENIR JACKETMAP

1950年代にアラスカにある米軍基地の依頼で作られていたアラスカモチーフのスカジャンを再現。両胸にはアラスカの国旗と鷹、袖部分には龍、バックにはアラスカの地図の刺繍が施されている。カラーはブラックとネイビーの2色を展開。

 

刺繍好きなら『刺繍スーベニアシャツ』もチェック!

二年ぶりとなる待望の『刺繍スーベニアシャツ』シリーズ第一弾をドロップ!

 

別珍刺繍ジャケットのインナーに最適な『チェックビエラシャツ』もチェック!

「ヒューストン」を代表する名作『チェックビエラシャツ』の2019年モデルが到着!

 

 

関連記事

Regular Item

Follow Me