ボディと同系色の裏ボアを配した新しい『N-1デッキジャケット』

『N-1デッキジャケット』といえば、「ヒューストン」を代表する大定番アイテムのひとつ。質実剛健なメイド・イン・ジャパンの名作として、毎シーズン高い人気を誇る。そのN-1デッキジャケットに、今シーズンはボディと同系色のボアライニングを使用した新しいモデルが仲間入りした。早速、その全貌を紹介するので、冬前に是非ともチェックしてほしい。

この商品を見る

改めまして……

『N-1デッキジャケット』とは?

1940〜50年代まで、アメリカ海軍(U.S. NAVY)に所属する兵士達が、船の甲板上で着用していたミリタリーウェア。冬には、冷たい強風が吹き付ける過酷な環境下において兵士の身を守る防寒用の作業着として開発された。

この商品を見る

防風・防水性に優れた肉厚で丈夫なコットン生地の表地が特徴。前期モデルにはピケ素材が使われていることが多く、後期モデルにはジャングルクロスを使ったものが登場した。

 

また、内側の全面にボアライニングを施すことで高い保温性を確保している。素材には当時としては最高級の毛皮であったアルパカ毛が採用された。このアルパカ毛特有の茶色の毛皮もN-1デッキジャケットの魅力のひとつ。

この商品を見る

ちなみに、「ヒューストン」製の『N-1デッキジャケット』には、本物のアルパカ毛を使ったモデルと、アクリル毛を使用したモデルの両方があり、それぞれにメリットがあるので好みのモデルを選びたい。

 

ボディのカラーに関しては、最初期の前期型にはネイビーカラーが採用され、それ以降はカーキが採用された。「ヒューストン」製の『N-1デッキジャケット』は、最初期のモデルをモチーフに、現代風のアップデートが施されている。

 

過去に実在したミリタリーウェアではあるが、ワークウェアにも似た無骨なデザインや耐久性・デザイン性の高さから、ミリタリーファンのみならず、アメカジファンやバイカーなど、幅広いスタイルマスターに愛されている名作だ。

 

▼「ヒューストン」の大定番『N-1デッキジャケット』のスタンダードモデルの詳細は以下。

#5N-1 N-1 DECK JACKET [HOUSTON]

 

ボディと『同系色のボアライニング』って?

この商品を見る

上記で説明した通り、オリジナルの『N-1デッキジャケット』のライニングには、茶色のアルパカ毛が採用されていた。ネイビーやカーキのボディカラーと、この茶色のアルパカ毛は抜群に相性が良く、特有の無骨な表情が大きな魅力となっている。

 

しかし、なかには、茶色のボアライニング特有の土臭い印象が苦手な人、これまでのファッションスタイルに合わせ辛いと考える人もいるだろう。そんな人のために今回登場したのが、ボアライニングにボディと同系色を取り入れた新しい『N-1デッキジャケット』だ。

この商品を見る

ボディーのカラーはネイビーのみで、当然ボアライニングのカラーにもネイビーが採用される。通常のモデルに比べて、シャープな印象に仕上がっており、より幅広い着こなしに対応する一着となっている。

 

かくいう筆者も「ヒューストン」の『N-1デッキジャケット』のネイビーモデルを、ゆうに5年以上は愛用しているのだが、正直に言ってこのモデルは欲しい。ボディよりも深いネイビーボアの色合いに引き寄せられそうだ。

 

N-1デッキジャケット』のディテール

オリジナルのヘビーピケ素材

肉厚で堅牢に仕上げた「ヒューストン」オリジナルのヘビーピケ素材を使用。長く着続けることで経年変化も楽しめる。

 

裏地はアクリルボア仕様

内側には、保温性に優れた柔らかい着心地のアクリルボアを採用。アルパカなどの天然皮革に比べて、メンテナンスが容易に行える。

 

ボア仕様の襟

冷気から首元を守るために、襟はボア仕様となっている。また、付属のチンストラップ(ボタン式)を留めれば、ボアが首の上部までしっかりと密着し、より高い保温性が得られる。ボアの素材にはライニングと同様のアクリルボアを使用。

 

比翼仕立てのフロント

フロントは堅牢なジッパー(※)の上に、肉厚で頑丈なウィンドフラップが配された比翼仕立てとなっている。また、ジッパーのサイズや、ウィンドフラップを留めるためのボタンサイズが大きいのも特徴。これはグローブをしたままでも開閉がしやすいよう配慮されたものだ。

※「ヒューストン」のN-1デッキジャケットは「IDEAL(イデアル)」製のジッパーを使用。

 

脇下にベンチレーション

防風・防寒機能だけではなく、作業着としての機能も装備。両脇下には、作業時の蒸れを抑えるためのベンチレーション(4つの穴)が配されている。

 

袖口の段リブ

袖口の内側には、冷気の侵入を防ぎ、腕にフィットする構造のリブを装備。段リブを採用するなど、細部までこだわり抜かれた仕様だ。

 

裾のゴローコード

裾の内側にはドローコードを備えており、下から入ってくる冷気を防ぐことができる。

 

#50970 N-1デッキジャケット』

NAVY

この商品を見る#50970 N-1 DECK JACKET

ブランドを代表する大定番『N-1デッキジャケット』のライニングに、肌触りの良いネイビーボアを使用した特別な一着。ボディには、『N-1デッキジャケット』のスタンダードモデルを基に製作された日本製。特徴的なディテールやクオリティはこれまで通りだ。カラーはネイビーのみを展開。

 

 

同系色のボアライニングを使用したN-1デッキジャケット』のタイトフィットモデルも同時に登場!

この商品を見る

上で紹介した同系色のボアライニングを使用した『N-1デッキジャケット』のシルエットは、スタンダードモデル同様の無骨なボックスシルエットが採用されている。しかし、こちら(以下)のモデルには、シルエットに現代風のアップデートが施されているタイトフィットモデルだ。

基本的なディテールは他モデルと同様だが、こちらのモデルには便利に使える内ポケットが施されている。

 

#50971 N-1デッキジャケットタイト

NAVY

この商品を見る

#50971 N-1 DECK JACKET tight

ブランドを代表する大定番『N-1デッキジャケット』のライニングに、肌触りの良いネイビーボアを使用した特別な一着。こちらは『N-1デッキジャケット』のタイトモデルを基に製作された日本製。特徴的なディテールやクオリティはこれまで通りだ。カラーはネイビーのみを展開。

 

「ヒューストン」の展開するその他のN-1デッキジャケットはこちら!

大人気の『N-1デッキジャケット』に、カモ柄タイプが新登場!

 

N-1デッキジャケット (タイトモデル)

 

N-1デッキジャケット(レザー)

 

N-1デッキジャケット (ステンシルモデル)

 

N-1デッキジャケット(アルパカモデル)

 

 

関連記事

Regular Item

Follow Me