『メッシュキャップ』と『アメリカンなTシャツ』の最強コンビで夏を乗り切る

日差しの強い夏、アメカジ好きはもちろん、幅広い層に定番として愛用されている『メッシュキャップ』。今回は、古き良き風合いを醸す、注目の『メッシュキャップ』をピックアップ。また、メッシュキャップと相性抜群の『MADE IN USA Tシャツ』も併せて紹介します。

 

商品を見る

 

メッシュキャップの魅力とは?

 

商品を見る

大胆に配された刺繍やプリント

通常のベースボールキャップなどと比べると、メッシュキャップの方が大胆なデザインのものが多い。前頭部やバイザー、クラウン部に大胆に配された刺繍やプリントを楽しむのもメッシュキャップ特有の楽しみ方だ。

 

商品を見る

夏に最適な通気性

クラウン部に配されたメッシュ生地の効果で優れた通気性が得られる。夏の強い日差しを避けられ、さらに通気性が良いのだから、言うことなしのキャップだ。

 

商品を見る

古き良きデザインを楽しむ

色使いや刺繍の構図、モチーフなど、古き良きデザインが楽しい。オールド感のあるミリタリーウェアやアメカジアイテムとの相性も抜群だ。

 

この夏、注目のメッシュキャップ

 

商品を見る

HOUSTON

EMB MESH CAP(BLUE ANGELS)

#6724

アメリカ海軍(U.S. NAVY)のアクロバット部隊「BLUE ANGELS(ブルーエンジェルス)」の刺繍とワッペンが施されたメッシュキャップ。大胆な絵柄が緻密な刺繍で表現された注目作だ。カラーはブルーとグレーの2色を展開。

 

 

アメリカンなTシャツの魅力

 

商品を見る

素材感やシルエットなどに特有の魅力が詰まったアメリカンなTシャツ。シンプルなTシャツが好みの人には、1着はおさえておいてほしいアイテムだ。もし、手に入れようと思っているならば、以下の2要素に注目してほしい。

 

商品を見る

1:胸ポケット

プリントなどのないプレーンなデザインのTシャツは、胸ポケットが効果的なワンポイントになる。もちろん、小物を収納できるといった実用性にも優れている。例えば、形状にもよるが、オフィスで使用する首から下げたIDカードを作業中に収納しておくこともできる。意外にも使えるのが胸ポケットだ。

 

商品を見る

2:特有の生地感とシルエット

アメリカンなTシャツは、シルエットがルーズな場合が多い。ひと昔前までは、ルーズ過ぎて日本人の体型には合いずらかったが、現在は修正されていて程よくルーズ感のあるシルエットに。また、厚手の生地でタフな仕様のものが多いのも魅力だ。

 

おすすめのアメリカンなTシャツ2選

 

1:カーハート ポケット半袖Teeシャツ

商品を見る

CAHARTT

S/S POCKET TEE

#CRHTT87

ネック部分はリブ仕様となっており、程よい開き具合となっている。左胸にはポケットが配されており、その上に「カーハート」のブランドロゴが配置される。ステッチには強固なダブルステッチを採用したタフな1着。程よい厚みの生地はドライな着心地が楽しめる。適度にルーズなシルエットは、リラックスした着用感。全7色のカラーを展開。

 

2:キャンバー マックスウェイトポケット半袖Tシャツ

商品を見る

CAMBER

S/S POCKET TEE

#CAM302

アメリカを代表するワーク・スポーツウェアブランド「キャンバー」のMADE IN USAのポケットTシャツ。このTシャツの素材には、同ブランドの中で最も厚手の8オンスのマックスウェイトコットンが使われている。高密度に織られた生地は、重厚でタフに着用することができる。ここまで厚い生地ならば、ホワイトを1枚で着ても肌が透ける心配もないだろう。大きめサイズの胸ポケットも便利に使える。全5色を展開。

 

いかがだったでしょうか?

夏に備えて、費用対効果も抜群な『メッシュキャップ』と『アメリカンなTシャツ』を手に入れてみてはどうでしょうか。

 

 

関連記事

Regular Item

Follow Me