#50815
M-65 FIELD JACKET
[HOUSTON]

着脱可能なキルティングライナーを備えており、長いシーズン着用できるミリタリーアウター「M-65フィールドジャケット」。現在は、流行に左右されない定番アイテムとして広く認知されている。

 

商品を見る

 

「M-65フィールドジャケット」とは?

正式名称は「COAT, COLD WEATHER, FIELD」。1965年型モデルとして正式呼称されたため、「M-65フィールドジャケット」と呼ばれるように。朝鮮戦争で使用されたM-51フィールドジャケットの後継として開発され、40年以上にわたってアメリカ軍の現用モデルであり続けた偉大なジャケットだ。

 

商品を見る

 

湾岸戦争では、砂漠地帯特有の夜間の急激な冷え込みに対応するため、キルティングライナーを備えたM-65フィールドジャケットが大量に支給され活躍した。

 

40年以上アメリカ軍に採用され続けていたこともあり、多くに人の目に触れたミリタリーウェアでもある。テレビドラマや映画など、数え切れない作品にM65フィールドジャケットが登場している。

 

「M-65フィールドジャケット」特有のディテール

 

商品を見る

 

キルティングライナー

ボタン式で簡単に取り外しができるキルティングライナーを装備。キルティングライナー単体としても着用できるため、1着のM-65フィールドジャケットを手に入れれば、3WAYの着用が可能だ。また、ライナーは中材が偏りにくいヘチマ型のキルティングで縫製されている。

 

スタンドカラー

チンストラップ付きのスタンドカラー。襟に配されたジッパー内にはフードが収納されている。

 

商品を見る

 

袖口の折り込み可能なフラップ

袖口には、防寒と手を保護するための折り込み可能な角型のフラップがついている。通常は袖口の内側にベルクロで固定しておける。

 

ウエストと裾のドローコード

ウエストと裾の二箇所にドローコードを備えている。埃や冷風の侵入を防ぐことができ、好みのシルエットに調節することもできる。

 

背中のアクションプリーツ

腕を動かしやすいよう、背中の腕の付け根部分には深めのアクションプリーツが設けられている。また、腕が曲がりやすいよう、袖の肘付近には浅めのプリーツが二箇所設けられている。

 

商品を見る

 

ダブルフロント

スナップボタン式のウィンドフラップとジッパー(※)のダブルフロント仕様になっている。ジッパーの素材は登場した年代のよって異なるが、一貫して頑丈で、グローブをはめたままでも扱いやすい大きなジッパーが採用されている。

 

※ヒューストンのM-65フィールドジャケットは「IDEAL」製のジッパーを使用。

 

 

数え切れない映画やドラマで着用されてきた

「M-65フィールドジャケット」

 

 

「タクシードライバー」「クレイマー、クレイマー」「ランボー」「ターミネーター」などなど、数え切れないほどたくさんの映画やドラマなどで「M-65フィールドジャケット」が着用されてきた。また、過去作品はもちろんだが、近年に公開された日本映画でも普通に着用されている。

 

 

ファッションアイテムとして、当たり前の存在となったM-65フィールドジャケットだからこそ、実用性や着心地に優れた本格仕様を手に入れておきたい。

 

 

関連記事

Regular Item

Follow Me