「ヒューストン」の大定番『M-65フィールドジャケット』に、カモ柄タイプが登場!

もはや、ファッションアイテムとして定着し、秋冬アウターとして高い人気を誇る『M-65フィールドジャケット』。「ヒューストン」の大定番アイテムとしても知られる同ジャケットだが、今シーズンは“ウッドランドカモ”と“タイガーカモ”を配したカモ柄タイプのジャケットが新登場。雰囲気を変えたい人は一読を!

この商品を見る

『M-65フィールドジャケット』とは?

正式名称は「COAT, COLD WEATHER, FIELD」。

 

1965年型モデルとして正式呼称されたため、「M-65フィールドジャケット」と呼ばれるように。朝鮮戦争で使用されたM-51フィールドジャケットの後継として開発され、40年以上にわたってアメリカ軍の現用モデルであり続けた偉大なジャケットだ。

この商品を見る

湾岸戦争では、砂漠地帯特有の夜間の急激な冷え込みに対応するため、キルティングライナーを備えたM-65フィールドジャケットが大量に支給され活躍した。

 

40年以上アメリカ軍に採用され続けていたこともあり、多くに人の目に触れたミリタリーウェアでもある。テレビドラマや映画など、数え切れない作品にM65フィールドジャケットが登場している。

 

「タクシードライバー」「クレイマー、クレイマー」「ランボー」「ターミネーター」などなど、数え切れないほどたくさんの映画やドラマなどで「M-65フィールドジャケット」が着用されてきた。また、過去作品はもちろんだが、近年に公開された日本映画でも普通に着用されている。

 

 

『タイガーカモ』とは?

この商品を見る

日本では迷彩柄のことを“カモフラ”と呼ぶことが多いため、“タイガーカモ”と略して呼ばれることが多いが、本来は「タイガーストライプ」と呼ばれている。

 

名称の由来は、その名の通り“虎の縞(しま)模様”。

 

1950年代の末期、ベトナム海兵隊に採用され、1960年代の初頭にはベトナム戦争の非正規戦闘部隊向けの米国物資に、このタイガーストライプ被服が含まれていたという。

 

タイガーカモ(タイガーストライプ)は、ベトナム戦争を起点として世に広まった迷彩柄だ。

 

『ウッドランドカモ』とは?

この商品を見る

“ウッドランドカモ”は、アメリカで考案された迷彩パターンのひとつ。

 

1981年から2006年まで、アメリカ全軍の標準的な迷彩パターンのひとつとして戦闘服などに用いられてきた。

 

厳密な色合いやデザインは異なるが、世界各国の軍隊でもウッドランドパターンの迷彩柄が採用されている。

 

おそらく日本では、もっとも認知されている迷彩柄だろう。

 

『M-65フィールドジャケット』の特徴

この商品を見る

キルティングライナー

ボタン式で簡単に取り外しができるキルティングライナーを装備。キルティングライナー単体としても着用できるため、1着のM-65フィールドジャケットを手に入れれば、3WAYの着用が可能だ。また、ライナーは中材が偏りにくいヘチマ型のキルティングで縫製されている。

 

この商品を見る

スタンドカラー

チンストラップ付きのスタンドカラー。襟に配されたジッパー内には、ドローコード付きのフードが収納されている。

 

この商品を見る

ダブルフロント

スナップボタン式のウィンドフラップとジッパーのダブルフロント仕様になっている。ジッパーの素材は登場した年代のよって異なるが、一貫して頑丈で、グローブをはめたままでも扱いやすい引き手が採用されている。

 

この商品を見る

袖口の折り込み可能なフラップ

袖口には、防寒と手を保護するための折り込み可能な角型のフラップがついている。通常は袖口の内側にベルクロで固定しておける。

 

この商品を見る

ウエストと裾のドローコード

ウエストと裾の二箇所にドローコードを備えている。埃や冷風の侵入を防ぐことができ、好みのシルエットに調節することもできる。

 

この商品を見る

背中のアクションプリーツ

腕を動かしやすいよう、背中の腕の付け根部分には深めのアクションプリーツが設けられている。また、腕が曲がりやすいよう、袖の肘付近には浅めのプリーツが二箇所設けられている

 

この商品を見る

フラップポケット

フロントの両胸と両裾部分に4つのポケットを装備。この4つのポケットすべてがスナップボタン仕様となっている。

 

『M-65 ジャケット カモ』

TIGER

この商品を見る

TIGER

この商品見る

TIGER

この商品見る

WOOD

この商品を見る

WOOD

この商品を見る

M-65 JACKET CAMO 

ミリタリーアウターの大定番『M-65フィールドジャケット』のカモフラージュ仕様。「ヒューストン」の展開するミリタリージャケットらしく、各部の仕様やディテールなど、本格派のデザインが採用されている。1着手に入れておけば、タウンユースはもちろん、キャンプなどのアウトドアシーンでも重宝してくれる。少し変わり種のミリタリージャケットを探している人には、ぜひとも注目してほしい1着だ。カラーは、タイガーカモとウッドランドカモの2タイプを展開。

 

単色の『M-65フィールドジャケット』にも今シーズンの新作が登場!

 

カモフラ柄の『M-65フィールドジャケット』と同様の仕様・ディテールを採用した単色バージョンも新登場した。

 

やっぱり『M-65-フィールドジャケット』は単色だよね!って人は、こちらのモデルをチェック!

 

M-65 ジャケット』

OLIVE DRAB

この商品を見る

BLACK

この商品を見る

M-65 JACKET

今シーズン、新たに登場したニューモデル。「ヒューストン」の展開するミリタリージャケットらしく、各部の仕様やディテールなど、本格派のデザインが採用されている。1着手に入れておけば、タウンユースはもちろん、キャンプなどのアウトドアシーンでも重宝してくれる。カラーは、オリーブドラブとブラックの2タイプを展開。

 

「ヒューストン」の新作『M-65フィールドジャケット』、いかがでしたでしょうか?

 

1着は持っておきたい大定番のミリタリージャケットです。

関連記事

Regular Item

Follow Me