#5L-2AX
L-2A FLIGHT JACKET
[HOUSTON]

陸軍航空隊が陸軍より独立し、米国空軍(U.S. AIR FORCE)となり、1952年に「C」のスペックを残したエアフォース・ブルーの「L-2Aフライトジャケット」が登場した。

 

商品を見る

 

「L-2Aフライトジャケット」とは?

正式名称は「JACKET, FLYER’S LIGHT, ZONE,TYPE L-2A’」。ライトゾーン(10度〜30度)用に開発された「L-2フライトジャケット」の後継フライトジャケット。

 

陸軍航空隊時代では、いくつかの厚手の防寒ジャケットが開発されているのに対し、ライトゾーンで着用するのに適したジャケットは革製のA-2フライトジャケットしか存在しなかった。つまり、A-2の後継として開発されたのが原型の「L-2フライトジャケット」だ。

 

商品を見る

 

MA-1の登場とほぼ同時期に「L-2フライトジャケット」の開発が始まり、後に支給が始まったが、1952年には新生空軍のエアフォース・ブルーを採用したナイロンツイルの改良型「L-2Aフライトジャケット」が登場した。ちなみに、1960年代初期から後はセージグリーンの「L2-B」が着用された。

 

「L-2Aフライトジャケット」特有のディテール

商品を見る

 

エア・フォースブルー

なんと言っても「L-2Aフライトジャケット」の魅力は、新生アメリカ空軍(U.S. AIR FORCE)を象徴するエア・フォースブルーの色合い。落ち着いたネイビーの色合いは、普段のファッションにも取り入れやすい。

 

エポレット

階級章を付けるために採用されたエポレットは、スナップボタン仕様となっている。

 

U.S. AIR FORCEマーク

左肩に配されたU.S. AIR FORCEマークは、L-2シリーズの特徴でもある。『ヒューストン』のL-2Aフライトジャケットでは、色彩のトーンを落とし、プリントされている。

 

シガレット&ペンポケット

左袖には、ペンケースとジッパー付きシガレットポケットが配置されている。

 

ジッパー

『ヒューストン』では、フロントとシガーポケットの両方に「CONMER」社製のジッパーを採用。フロントジッパーには、レザー製の持ち手がついている。

 

生地

表地はナイロンヘビーツイルで、内側には綿とレーヨンの混紡生地を使用している。

 

ファッションに取り入れやすい「L-2Aフライトジャケット」

 

商品を見る

 

ライトゾーン用に開発された「L-2フライトジャケット」の後継である「L-2Aフライトジャケット」。インターミディエイトゾーン用に開発されたMA-1は中綿入りだが、「L-2Aフライトジャケット」には中綿が入っていないため、より軽快な着心地が得られ、長いシーズン着用することもできる。

 

また、『ヒューストン』のモデルに関して言えば、シルエットとサイズ感が現代風にアレンジされているため、よりファッションに取り入れやすい仕様となっている。

 

アメリカ空軍(U.S. AIR FORCE)の誇りを宿したエアフォース・ブルーの1着、長く付き合える相棒として手に入れてみてはどうでしょうか?

 

 

 

関連記事

Regular Item

Follow Me