#5CW36P
CWU-36/P FLIGHT JACKET
[HOUSTON]

空軍によって、ライトゾーンエリア用に開発された「CWU-36/P フライトジャケット」。このフライトジャケットの限りなく実物に近いレプリカを『ヒューストン』が再現した。

 

商品を見る

「CWU-36P」とは?

正式名称は「JACKET, FLYER’S SUMMER, TYPE CWU-36/P」。CWU-45/Pフライトジャケットが正式に型式名を与えられた2年後の1978年に、空軍がエア・クルー用に改良して誕生したのが「CWU-36/P フライトジャケット」だ。

 

商品を見る

 

もともと海軍で開発されたCWU-45Pフライトジャケットは優れたジャケットではあったが、空軍のエア・クルーにとっては、足りない要素があった。そこで空軍のエア・クルーが必要としていた薄手で、より軽量な“サマー”用ジャケットとして改良され、誕生したのが「CWU-36/Pフライトジャケット」である。

 

商品を見る

 

“サマー”用といっても、フライトジャケットの世界では、ライトゾーンに適したオールシーズン用のフライトジャケットのことをいう。

 

単純に、CWU-45/Pフライトジャケットに比べて、「CWU-36/Pフライトジャケット」の方が軽量でスマートなシルエットとなっている。

 

「CWU-36/P フライトジャケット」特有のディテール

商品を見る

 

独自のナイロン素材

『ヒューストン』のCWU-36/Pフライトジャケットは、実物のノーメテック素材の風合いに近づけるため、うねの太い独自のナイロン素材を使用している。

 

左胸のベルクロ

左胸にはネームを取り付けることができるベルクロを配置。自分仕様にカスタムできる。

 

背面のアクションプリーツ

背面には初期のディテールである深めのアクションプリーツが設けられている。腕を自由に動かすことができる。

 

そのままのシルエット

現代風にアレンジせず、古き良き時代のミリタリージャケットのシルエットにこだわって製作。中綿の入っていないライトアウターとして、長いシーズン着用することができる。

 

ジッパー

『ヒューストン』のCWU-36/Pフライトジャケットには、「IDEAL」社製のジッパーを採用。※生産時期により、「TALON」社製のジッパーもある。

 

海軍の傑作を空軍がエア・クルー用に改良

商品を見る

 

上記で少し説明したが、空軍で着用された「CWU-36/Pフライトジャケット」の原型は、海軍が先に開発していた「CWU-45/Pフライトジャケット」だ。

 

この2つのフライトジャケット、ぱっと見のデザインが極めて似ているが、「CWU-45/Pフライトジャケット」には、ファイバーライニングやウィンドフラップなどの「CWU-36/Pフライトジャケット」にはない装備がある。

 

保温性を考慮するなら「CWU-45/Pフライトジャケット」、長いシーズン着用希望なら「CWU-36/Pフライトジャケット」がオススメといえるだろうか。

 

 

 

関連記事

Regular Item

Follow Me