#5002
B-15C FLIGHT JACKET
[HOUSTON]

アメリカ空軍のシンボルカラー、エアフォース・ブルーをまとった「B-15Cフライトジャケット」。セックスシンボルともいわれるアメリカを代表する大女優、あのマリリン・モンローが着用したことでも有名な1着だ。

 

商品を見る

 

「B-15Cフライトジャケット」とは?

正式名称は「JACKET, FLYING, INTERMEDIATE, TYPE B-15」。アメリカ陸軍航空隊から空軍(U.S. AIR FORCE)に独立した1947年に、新生空軍を象徴するエアフォース・ブルーをまとった「B-15Cフライトジャケット」が登場した。

 

布製フライトジャケット「B-10フライトジャケット」に代わって登場したインターミディエイトフライトジャケットが「B-15Cフライトジャケット」だ。

 

商品を見る

 

最初に「B-15」が開発され、その後に改良が繰り返され、「B-15A」、「B-15B」が登場し、その後に「B-15Cフライトジャケット」が登場することとなる。

 

「B-15Cフライトジャケット」は、1953年に朝鮮戦争で戦っていたアメリカ軍将兵の慰問に訪れたマリリン・モンローに進呈され、実際に着用されている。

 

ちなみに、「B-15Cフライトジャケット」の登場後には、「B-15D」、「B-15Dモデファイド」も登場している。

 

「B-15Cフライトジャケット」特有のディテール

 

商品を見る

 

ボア襟

ボア付きの襟、前作のB-10から継承された襟立て用のチンストラップがついている。『ヒューストン』の「B-15Cフライトジャケット」に関しては、ムートンボアを採用している。

 

エア・フォースブルー

新生アメリカ空軍(U.S. AIR FORCE)を象徴するエア・フォースブルーが最大の魅力。落ち着いたネイビーの色合いは、普段のファッションにも取り入れやすい。

 

シガレット&ペンポケット

左袖には、ペンケースとジッパー付きシガレットポケットが配置されている。

 

商品を見る

 

U.S. AIR FORCEマーク

左肩に配されたU.S. AIR FORCEマーク。『ヒューストン』のフライトジャケットでは、色彩のトーンを落とし、ボディの色合いに合うようプリントされている。

 

ウィンドフラップ

堅牢なジッパーの内側には、風の侵入を遮断するウィンドフラップが隠されている。グローブをはめたままでも着脱ができるよう大型のジッパーが使われている点も特徴だ。

 

「マリリン・モンロー」も袖を通したフライトジャケット

 

商品を見る

 

若い世代は「マリリン・モンロー」の存在自体を知らない人も多いだろう。それもそのはずで、もし彼女が生きていたら現在92歳である。

 

1950年代にもっとも人気のあった女優・モデルであり、時代を象徴するセックスシンボルだった。主演した代表映画作には「お熱いのがお好き」や「バス停留所」などがある。60年ほど前の映画になるが、今見れば新鮮に映り、新しい発見があるかもしれない。

 

「マリリン・モンロー」「B-15C」とググってみれば、着用している写真が即座に出てくる。ぜひ見て欲しいが、特に女性には目を通してほしい。

 

おそらく、想像している以上に、美しくてオシャレに見えるはずだ。

 

 

関連記事

Regular Item

Follow Me