2014年公開映画「FURY/フューリー」劇中着用モデルを再現した『#5B-FR/タンカースジャケット』

2014年に公開された映画「フューリー」。この映画の劇中において、ドン・“ウォーダディー”コリアーが着用していた『タンカースジャケット』をミリタリー界の老舗「ヒューストン」が再現した。このモデル特有の魅力が随所に散りばめられた、映画ファンならずとも注目すべき1着に。

 

この商品を見る

『タンカースジャケット』とは?

正式名称は「WINTER, COMBAT, JACKET,」。第二次世界大戦において、アメリカ陸軍(U.S. ARMY)の戦車部隊(※)が冬期に着用していたミリタリーウェア。その当時は、物資が不足していたことから、フライトジャケットとしても使用されていた。※英語でタンク(TANK)は戦車のことを指す。

 

『タンカースジャケット』の詳しい情報、「ヒューストン」の通常ラインの『タンカースジャケット』はコチラから!

 

『#5B-FR/タンカースジャケット』独自の特徴

この商品を見る

この映画の中心人物でもあるドン・“ウォーダディー”コリアーが劇中で着用していたのは、初期型の『タンカースジャケット』だ。初期型はポケットが、外から貼り付けられたパッチポケット仕様となっているのが大きな特徴。

 

さらに、通常モデルとの違いは、腕に配された階級章と師団パッチ。階級は2等軍曹で、師団は第2機甲師団だ。刺繍仕上げのパッチは、細かい部分まで忠実に再現されている。

 

この商品を見る

また、素材にもこだわっており、ボディの生地には、しっかりとしたコットンツイールを採用。裏地はウールライニングをアクリル素材で再現している。実用性を考慮して、耐久性と保温性を確保している。

 

着用時の着心地にも「ヒューストン」らしいこだわりが。

袖口は、国産(MADE IN JAPAN)だからこそ可能な、腕にフィットする段リブ仕様となっており、袖を通したときの着用感も良好だ。

 

フロントジッパーには、ミリタリー色の強い「IDEAL」社製のジッパーを採用するなど、細部の素材選びにもぬかりない。スライダーにはリングがつけられており、グローブをしたままでも開閉がスムーズに行える。

 

 

『#5B-FR/タンカースジャケット』のディテール

この商品を見る

リブ仕様の襟元

肌触りの良いリブ襟は、適度なハリがあり、首元をすっきりと精悍に演出してくれる。無骨なオリーブの色合いはアクセントとしても主張してくれる。

 

この商品を見る

リング付きの「IDEAL」社製ジッパー

フロントジッパーには、ミリタリー色の強い「IDEAL」社製のジッパーを採用。ジップスライダーには、リングが取り付けられており、グローブをしたままでも開閉がスムーズに行える。

 

この商品を見る

袖に配された師団や階級を表すワッペン

左腕に配されたカラフルな三角のパッチは第2機甲師団に所属していることを表し、両腕に配されたモノトーンのパッチは2等軍曹であるという階級を表している。

 

この商品を見る

腕にフィットする段リブ

着用感の良さと、特有の風合いが魅力の段リブは、国産(MADE IN JAPAN)だからこそ可能な仕様。細部まで贅沢なつくりとなっている。

 

この商品を見る

パッチポケット

ドン・“ウォーダディー”コリアーが劇中で着用していたのは、初期型の『タンカースジャケット』だ。初期型はポケットが、外から貼り付けられたパッチポケットとなっている。

 

『#5B-FR/タンカースジャケット』

FRONT

この商品を見る

 

BACK

この商品を見る

#5B-FR/TANKERS JACKET

2014年に公開された、第二次世界大戦時代を描いた戦争アクション大作映画「フューリー」の劇中で、戦車長のドン・“ウォーダディー”・コリアーが着用していた『タンカースジャケット』を忠実に再現した初期型のデザイン。腕には階級章と師団のパッチ。表地にはしっかりとしたコットンツイール生地を使用し、裏地にはアクリル素材のライニングが配されている。日本製(MADE IN JAPAN)ならではの魅力が随所に詰まった1着となっている。

 

「フューリー」で着用された注目モデルでありながら、さらに日本製(MADE IN JAPAN)の『タンカースジャケット』。

 

防寒アウターとして、この冬オススメの1着です。

 

関連記事

Regular Item

Follow Me