歴史的な名作にデニム生地を組み合わせた『デニム ベトナム ジャケット』

一般の人には少々マニアックかもしれないが、実は「ヒューストン」ファンの間では、ベトナムジャケット(通称:ベトジャン)は、周知のアイテムとして絶大な人気を誇っている。そんな「ヒューストン」の隠れた名作『ベトナム ジャケット』のボディに、デニム生地を用いてアップデートさせたのが今回紹介する『デニム ベトナム ジャケット』だ。より幅広いシーンで着用でき、さらに経年変化も楽しめる一着。これならばミリタリーに縁遠い人でも取り入れやすいだろう。

この商品を見る

『ベトナム ジャケット(通称:ベトジャン)』とは?

以前、スカジャンを紹介した記事で、「スーベニアジャケット」について説明したが、実はこの『ベトジャン』もその「スーベニアジャケット」の一種。

 

「スーベニアジャケット」のスーベニア(SOUVENIR)とは、一般的に記念品や土産物のことを表す言葉だ。

この商品を見る

第二次世界大戦後に神奈川県横須賀市周辺に駐留したアメリカ軍兵士達が、記念品として鷹や虎、龍などのオリエンタルな柄、または自分の所属していた部隊や基地などの刺繍を、現地(横須賀)で入れた、または購入したのが「スーベニアジャケット」の発祥だと言われている。

 

そして、スカジャンは横須賀で作られた(刺繍された)から、もしくはスカイドラゴンの刺繍が多かったことから略して『スカジャン』と呼ばれるようになったという。

この商品を見る

では、『ベトジャン』はどうだろう? 勘の良い人はもうお分かりだと思うが、1960〜1970年代のベトナム戦争時に誕生した「スーベニアジャケット」だから『ベトジャン』と呼ばれている。

 

『スカジャン』と『ベトジャン』の大きな違いは、『ベトジャン』にはパラシュート生地などを使用したものが存在している点だ。ヴィンテージ市場では、このパラシュート生地の『ベトジャン』の人気が高く、かなりの高値で取引されている。

この商品を見る

また、『スカジャン』は襟が無くリブ仕様となっているデザインが多いが、逆に『ベトジャン』には襟付きのデザインが多い。

 

『スカジャン』と『ベトジャン』、どちらをチョイスするかは好み次第だ。

 

『スカジャン』についての詳しい情報はコチラから!

秋冬用に一着は押さえておきたい『スカジャン(別珍刺繍スーベニアジャケット)』

 

今回紹介する

『デニム ベトナム ジャケット』の魅力は?

実は「ヒューストン」では、パラシュート生地を使用し、実物を忠実に再現した『ベトナム ジャケット』も展開されているが、今回紹介するのは素材にデニムを使用したアップデートモデル。

この商品を見る

11オンスという絶妙な厚み(薄手)のデニム生地を用いて、『ベトナム ジャンパー』特有のシルエットや軽い着心地をそのまま残した仕様となっている。

この商品を見る

デニムのカラーには、濃紺の「インディゴ」と、ヴィンテージの風合いを表現した「ビンテージウォッシュ」の2色が用意されている。ゼロから経年変化を楽しみたい人は「インディゴ」。最初から極上の風合いを楽しみたい人は「ビンテージウォッシュ」がオススメだ。

この商品を見る

両胸、両腕、背中に配された刺繍については、当時の刺繍の雰囲気までが忠実に再現されている。

 

ボディにデニム素材を使用することで、より幅広いコーディネイトに取り入れやすくなっている。

 

『デニム ベトナム ジャケット』のディテール

11オンスのデニム生地

ボディには、程よく軽快な11オンスのデニム生地を採用。一般的なGジャンやジーンズに比べて、薄手のデニム生地は、軽い着心地が得られる。冬場にはヘビーアウターのインナーとしても着用できそうだ。デニムのカラーには、ヴィンテージの風合いを表現した「ビンテージウォッシュ」と、濃紺の「インディゴ」の2色が用意されている。

 

レギュラーカラー

襟には、シンプルでベーシックなレギュラーカラーを採用。襟を立てても、寝かせても雰囲気ある着こなしが楽しめる。

 

両胸の刺繍

向かって左胸にはオリエンタルな雰囲気の「虎」の刺繍が配され、右胸には漢字の「福」の刺繍が配される。どちらの刺繍も緻密で立体感があり、当時の刺繍特有の絶妙なヘタウマな雰囲気までが忠実に再現されている。

 

ライニング

ライニングは半裏仕様となっており、襟の奥にはブランドタグが配置される。

 

ジッパー

フロントジッパーには、風合いのある「YKK」社製ジッパーを採用。

 

背中の刺繍

背中には、ベトナムの地図(マップ)が刺繍により表現される。緻密な刺繍は立体感があり、またベトジャン特有のヘタウマな雰囲気までしっかりと再現されている。

 

躍動感のある刺繍

「虎」や「龍」の刺繍は、躍動感あるタッチで描かれている。写真は腕に配された刺繍。

 

両サイドのポケット

両サイドには、手を差し込みやすいスラッシュポケットを採用。スマホや小物をスムーズに出し入れできる。

 

13スターボタン

袖口には、メタル製の13スターボタンを採用。ボタンをはずせば、ロールアップも簡単にできる。

 

『デニム ベトナム ジャケット』

INDIGO

この商品を見る

VINTAGE WASH

この商品を見る

DENIM VIETNAM JACKET 

ボディに11オンスのデニム生地を使用した『デニム ベトナム ジャケット』。両胸、両腕、背中の刺繍は、当時のベトナム ジャケットを雰囲気まで忠実に再現した。フロントはジッパー仕様で、風合いある「YKK」社製を採用。袖口には、メタル製の13スターボタンを使用。カラーは、インディゴとビンテージウォッシュの2色を展開。より幅広いシーンで着用できるようアップデートされた『ベトジャン』、ワードトーブに仲間入りさせるべく、検討してみてはいかが!?

 

『デニム ベトナム ジャケット』なら、BDUパンツでもイケる!

カーゴパンツの相性で親しまれるミリタリー界の大定番、『BDUパンツ』の魅力を解説

 

『デニム ベトナム ジャケット』のインナーはやっぱりラグランTee!

Tシャツ以上、スウェット未満!? この夏の大注目株『プリント ラグランTシャツ』

 

 

関連記事

Regular Item

Follow Me