ミリタリー由来のキルティングを配した『パネルリメイクプルオーバーライナー』

ミリタリージャケットのインナーとして使われる、「ダイヤモンドキルティング」と「ヘチマキルティング」をバランスよくランダムに配置した注目作『パネルリメイクプルオーバーライナー』が登場。また、同時にパーカータイプの『パネルリメイクプルオーバーパーカー』も到着。さりげなくミリタリーの香る、極上のジャケットだ。

楽天市場で購入する

Yahoo!ショッピングで購入する

『ヘチマキルティング』とは?

まずは、「キルティング」について簡単に説明。一般的には、表地と裏地の間に入っている中綿がずれて偏らないように、縫製によって細かい仕切りを作り、中綿のずれを防止した布地をキルティングと呼ぶ。

楽天市場で購入する

Yahoo!ショッピングで購入する

キルティングにも様々なパターンが存在するが、ミリタリー界で、もっとも有名なのは『ヘチマキルティング』。M-65フィールドジャケットなど、名作ミリタリージャケットのライニングにも使用されている。

#50815 M-65 FIELD JACKET [HOUSTON]

 

『ダイヤモンドキルティング』とは?

コチラも「キルティング」自体の作りは、『ヘチマキルティング』と同様。ただし、『ダイヤモンドキルティング』は、ヘチマキルティングに比べると、ひし形の縫製がより細かいのが特徴だ。

楽天市場で購入する

Yahoo!ショッピングで購入する

また、『ダイヤモンドキルティング』は、英国を代表する歴史あるブランドのアイコンとしても有名。英国トラッドを象徴する存在でもある。「ヒューストン」では、ブランドを代表するアイテムM-51パーカーの純正ライニングに、この『ダイヤモンドキルティング』が採用されている。

#5409M M-51 PARKA [HOUSTON]

 

脇役だった『ライニング』を主役に!

上記で説明した通り、『ヘチマキルティング』と『ダイヤモンドキルティング』は、「ヒューストン」の名作ミリタリージャケットのライニングとして使用されている。

 

いつもは表に出ない脇役として、目立たないところで着用者を温めてきた両キルティング達を、主役に抜擢したのが今回紹介する『パネルリメイクプルオーバーライナー』と『パネルリメイクプルオーバーパーカー』だ。

楽天市場で購入する

Yahoo!ショッピングで購入する

楽天市場で購入する

Yahoo!ショッピングで購入する

どちらのアイテムも、アシンメトリーにキルティングが配されているが、そのバランス感が絶妙だ。うるさすぎない程良い具合いの切り返しが施されている。

 

ミリタリー由来の素材を使いながらも、どことなくアウトドアテイストも香るキルティングジャケット2モデル。アウターとしてはもちろん、ヘビーアウターのインナーとしても活躍してくれそうだ。

 

プルオーバータイプの

『パネルリメイクプルオーバーライナー』

襟元にジッパー付き

パイピングでしっかりと補強された襟元にはジッパー付き。プルオーバータイプながらも着脱がスムーズに行える。

 

右サイドにポケット

右側の腰前あたりにパッチタイプのフロントポケットを配置。上部にボタン付きで、手を差し込みやすい入り口の角度も嬉しい。

 

段リブの袖

袖口は程よいフィット感の段リブを採用。着用時にパタパタと揺れることがなく、冷風の侵入も防いでくれる。

 

左サイドに便利なジッパー

左サイドには、裾から脇にかけてジッパーを採用。襟元のジッパー同様に、着脱の際に便利に使える。

 

2つのキルティングを使用

ダイヤモンドキルティングとヘチマキルティングをバランスよく配置。切り返し部分もしっかりと縫製されている。

 

BLACK

楽天市場で購入する

Yahoo!ショッピングで購入する

OLIVE DRAB

楽天市場で購入する

Yahoo!ショッピングで購入する

PANEL RE-MAKE PULLOVER LINER

ミリタリーウェアのライニングに使用される、ヘチマキルティングとダイヤモンドキルティングの生地をアシンメトリーにデザインしたプルオーバージャケット。襟元と左サイドにジッパーを採用しており、着脱がスムーズにおこなえる。アウターとしてはもちろん、インナーとしても活躍しそうな一着。カラーは、ブラックとオリーブドラブの2色を展開。

 

+++++++++++++++++++++

 

『パネルリメイクプルオーバーパーカー』

襟元にジッパー付き

程よいサイズ感のフードを装備。襟元にはジッパー付きで、プルオーバータイプながらも着脱がスムーズに行える。

 

右サイドにポケット

右側の腰前あたりにパッチタイプのフロントポケットを配置。上部にボタン付きで、手を差し込みやすい入り口の角度も嬉しい。

 

段リブの袖

袖口は程よいフィット感の段リブを採用。着用時にパタパタと揺れることがなく、冷風の侵入も防いでくれる。

 

左サイドに便利なジッパー

左サイドには、裾から脇にかけてジッパーを採用。襟元のジッパー同様に、着脱の際に便利に使える。

 

2つのキルティングを使用

ダイヤモンドキルティングとヘチマキルティングをバランスよく配置。切り返し部分もしっかりと縫製されている。

 

BLACK

楽天市場で購入する

Yahoo!ショッピングで購入する

OLIVE DRAB

楽天市場で購入する

Yahoo!ショッピングで購入する

PANEL RE-MAKE PULLOVER HOODIE

ミリタリーウェアのライニングに使用される、ヘチマキルティングとダイヤモンドキルティングの生地をアシンメトリーにデザインしたプルオーバーパーカー。襟元と左サイドにジッパーを採用しており、着脱がスムーズにおこなえる。アウターとしてはもちろん、インナーとしても活躍しそうな一着。カラーは、ブラックとオリーブドラブの2色を展開。

 

中綿にシンサレートを配した『M-65』の別売りライニングがコチラ!

名作「M-65 フィールドジャネット」にも中綿に「シンサレート」を使用したライナーが登場!

 

中綿にシンサレートを配した『M-51』の別売りライニングがコチラ!

中綿に「シンサレート」を使用した『M-51 パーカ専用ライナー』がすごい!

 

 

関連記事

Regular Item

Follow Me