【HOUSTON】×【MFL】コラボレーション第二弾! 『Monster Frog Liner seat』

「ヒューストン」×「MFL」のコラボレーション第二弾が登場! ミリタリーを軸に、ファッション、アウトドア、インテリアなど、ライフスタイル全般の情報を発信する「MFL(エムエフエル)」らしいアプローチと、「ヒューストン」の徹底したモノつくりが融合した大注目の多機能シートだ。

ミリタリー情報誌

『MFL』とは?

株式会社三栄書房が発売する年2回発行のミリタリーライフスタイル情報誌。日常にミリタリーを取り入れるライフスタイルを、LIFESTYLE MILITARY(ライフスタイルミリタリー)と定義し、多彩な企画を展開する。アウトドア、ファッション、インテリア、クルマ、DIYなど、ミリタリー(テイスト含む)がしっくりくる今旬なシーンでミリタリーを提案している。

 

公式サイトはコチラ

 

「ヒューストン」×「MFL」

『Monster Frog Liner seat』って何?

 

昨年のコラボレーション第一弾では、N-1デッキジャケットのタフな日本製生地を使用したコラボエプロンをリリース。アウトドアやガーデニング、作業時に着用するタフな1着として好評を博した。

 

今回のコラボ第二弾では、日常の様々なシーンで便利に活用できる、いままでありそうでなかった多機能シート『モンスター フロッグ ライナー シート』をリリースする。

表面には堅牢なナイロン素材にフロッグカモ(WW2)柄を大きく拡大したプリントを配し、裏面にはミリタリージャケットのライナーでよく使用されるヘチマキルトを使用している。キルトには中綿が入っており、緊急時の防寒具としても使用できる。

 

この多機能シート、とにかく一枚手に入れておくと本当に便利だ。

折り畳んだ状態では、座布団(クッション)として使え、付属のショルダーストラップを使えば持ち運びだってスマートに行える。

 

開いだ状態では、屋内外で使えるシートとして活躍し、エンド部に配されたコード(ヒモ)やホール(穴)を活用すればちょっとしたタープにもなる。また、中央に切り込みを入れれば、緊急時に防寒ポンチョとしても使える多機能仕様。

 

手にした人それぞれの使い方が楽しめる大注目の逸品なのだ。

 

 

『Monster Frog Liner seat』の特徴を解説

座布団状態の表

この多機能シートはポケッタブル仕様のため、折り畳んで収納すれば座布団(クッション)としても使える。表面にはフロッグカモ(WW2)柄が配されている。

 

座布団状態の裏

裏面はミリタリージャケットのライナーでよく使用されるヘチマキルト仕様。斜めにベルトが配されおり、ショルダーバッグのように持ち運ぶことができる。

 

スナップボタン

折り畳んで収納した生地が外に出ないよう2つのスナップボタンを採用。座布団(クッション)の状態をしっかりとキープできる。

 

コード(ヒモ)&ホール(穴)

コードは全部で8箇所に取り付けられ、ホールは全部で6箇所に配されている。用途によって様々な使い方ができる設計となっている。

 

フック

表面の中央部分にはフックが取り付けられている。ロープを通して、吊るして使うことが想定されているが、どうやって楽しむかは持ち主次第だ。

 

MFLのロゴプリント

表面には、さりげなくMFLのロゴが入る。じつはこの多機能シートの名称『Monster Frog Liner Seat』の頭文字をつまむと「MFL」になるのだ。

 

「HOUSTON」×「MFL」のコラボタグ

表面には「ヒューストン」×「MFL」のコラボタグも配置される。

 

『Monster Frog Liner seat』の折りたたみ方法

 

① カモフラ柄面を上にして三等分に折りたたむ。

 

② 右端を内側に折り込み、袋の中に入れるように裏返す。

 

③ 左端からきれいにたたんでいく。

 

④ もう一度左端からきれいにたたんでいく。

 

⑤ 左からたたんできたシートを袋の中に詰め込めば、収納完了。

 

 

 

 

「ヒューストン」×「MFL」

『モンスター フロッグ ライナー シート』

この商品を見る

 

Monster Frog Liner Seat

開いた状態のサイズ感は約180cm×約120cm。表面には通常のフロッグスキンカモ(WW2)柄を大きく拡大プリントし、裏面にはミリタリージャケットのライナーで使われるヘチマキルトを使用。ヘチマキルトには中綿が入っており、緊急時には防寒アイテムとしても使用可能。ピクニックやキャンプなど、アウトドアシーン全般で使えて、さらに愛車の中や部屋のインテリアとしても使える万能シート。1つ持っておくと、日常の幅広いシーンで活躍してくれる。

 

 

 

関連記事

Regular Item

Follow Me